借入限度額を増やしたい場合は

銀行や消費者金融のカードローンには、それぞれ借入限度額というものが設定されています。パンフレットやコマーシャルなどでは数百万円の金額がアピールされていることもありますが、じつは誰もがこの金額まで借りられるわけではありません。借入限度額は審査においてどれほどの金額まで貸し出すことができるか判断されて決まるものですので、利用者によって異なります。特に初めてその金融機関を利用するような人は、かなり金額が低めに設定されることが一般的です。もっとも、利用者の中には最初に設定された借入限度額では不便と感じる人もいるでしょう。金融機関側としても優良な顧客には貸し出す金額を増やしたいのが本音ですので、借入限度額は増やすこともできるのです。ただしすぐに借入限度額を増額することは不可能です。

基本的には利用を始めてから一定の期間が経過したときに、問題がないと判断した顧客に対して金融機関側から増額の案内をしてくるのが普通です。ただどうしても金融機関側からの案内まで待てないという場合は、利用者自らが増額の申込をすることも可能です。最近はどの金融機関も顧客の利便性向上に努めていますので、会員専用ページから簡単にネット経由で増額の申込ができるところもあります。ただし自らが増額を申し込む場合は困難が伴うことも覚悟しておかなければいけません。増額をする場合はより高い基準での審査を受ける必要がありますので、増額が実現するどころか場合によっては借入限度額の減額や利用の停止を宣告される可能性もあるのです。ですから自分の与信に自信がないという人は無理な増額申請は避けたほうが無難です。借入限度額の増額を申し込む場合は、少なくとも半年以上は経過してから申し込みをしたほうがいいでしょう。もちろんただ期間が経過するのを待つのではなく、利用と返済の実績も重ねておくことが必要です。その間に仕事を変えている場合も審査には不利に働きますので、勤続年数についても考慮しておきましょう。