キャッシングについての考え方と私の体験談

キャッシングは、クレジット会社や消費者金融から、現金を借りることです。ATMやCDを使って急にお金が必要になり困ったときに頼りになるのが、キャッシングです。キャッシングは、小口の融資で、本人が確認できれば、保証人や担保がいらないものが多くあります。一括で借り、一括で返済が一般的ですが、リボ払いにすることもできます。気軽に借りられ、審査も簡単で、融資までの時間も短いのが特徴です。

キャッシングできるところは、たくさんあります。自分に合った会社を選びましょう。消費者金融と聞くと、借りるのは簡単だが、返済が滞ると怖いイメージがありました。キャッシングにもさまざまな種類があります。銀行系のカードローンのキャッシングという方法もあります。カードローンの限度額を設定し、その範囲内でキャッシングすることになります。この場合は、カードローンになるので、返済は毎月決まった金額を約定日に返済することになります。

まず、借りるときには、自分で返済が可能かどうか考えて、本当に必要なお金の金額を借りるようにし、返済できなくなり、また別の会社でキャッシングすることがないように気を付けましょう。 会社によって、無利息キャンペーンを行っているところもあります。一定期間のうちに返済できれば、利息を返済する必要はありません。

冠婚葬祭など、急な出費で数万円の出費は厳しいものがあります。給料日までの数日間であれば、キャッシングをうまく利用してやりくりも可能です。キャッシングの利息は、日割り計算になるので、借りてる期間が長いほど、どんどん膨らんでいきます。一日でも早く返済したいものです。 私は、主人が病気で入院していた時に、キャッシングを利用しました。生活費と入院費を払うためです。小さい子供がいるので、急いで働くこともできませんでした。保険が下りてお金が入ったので、すぐに返済しました。困っていた時だったのでとても助かりました。感謝しています。