キャッシングするときは在籍確認の電話が必ず来ます

キャッシングするときは本人確認の書類が必要になりますが、それと同時に勤めているかどうかの在籍確認が必要になります。上場企業に勤めているほど借り入れ額も多くなり、パートやアルバイトになってくると借入額がやや少なくなります。 中小企業勤務の場合は在籍期間に応じて借入れ額も決まってきます。派遣社員になると登録しただけでは在籍確認がむずかしいこともあり、派遣先にも確認の電話が来ることがあります。

自営業などをしている場合は、自宅の屋号を社名登録してないと在籍確認が取れないことがあるので、キャッシングするならどこかの会社に勤務している状態にしておく方が審査が通りやすくなります。 実際に電話がかかってくるときは消費者金融なら個人名でかかってきます。銀行からの場合は個人名でかかってきますが、場合によっては銀行名でかけてくることがあるので、申し込みするときに個人名でかけてくれるように頼むと良いです。

電話をかけても良い時間帯を聞かれるので何時ごろなら電話に出れるということを伝えておくようにします。工場などで勤務している場合で電話にすぐ出れないときは、事務の人に何時ごろ誰々という名前で電話が来るので席を外してますと伝えて下さいと一言お願いしておくと良いです。 事務の人が「今いません」という対応になると会社に在籍しているのに退職したと思われてしまうので「席を外してます」と伝えてもらうようにしておくと安心です

電話に直接出れるならかかってくる時間帯に自分で電話を取れるようにしておけば、周囲に怪しまれないです。個人名で電話がかかってくるので基本的には消費者金融と分からないですが、会社によっては誰なのか聞いてくることがあるので、友人なのか親戚なのかすぐに答えられるように前もって考えておくと良いと思います。 土日にキャッシングを申し込んだときは、休み明けに会社に確認の電話が来てそれから借りられるので、早くキャッシングしたいのであれば平日の午前中に申し込みをして、午後在籍確認の電話を入れてもらうようにすれば最短で当日、遅くても翌日か翌々日には借りられます。